Loading

ブログ

英会話にも 心理学が!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日、ふと 英会話の動画を見ていました。

アメリカへ 神経言語プログラミング(NLP)の資格を取りに行った時にも、去年 インドに旅行に行った時にも、もっと英語が話せたらなあ、と思ったからです。

見て、びっくりです。

「英語が話せるようになりたい」と 思っていたら、いつまでも 話せませんよ、と言うのです。

「今、話せていない」と、脳が認識するから、という理由です。いつまでも、脳が、「今 英語が話せない」状況を 全力で 作ってしまうのです。

神経言語プログラミング(NLP) でも、そういうことも 学びます。

なので、「脳の取扱説明書」とも 呼ばれています。

関連記事

  1. 「伝えた」と「伝わった」の違い
  2. 経営に活かす心理学
  3. 聴き方セミナーの2つの効果とは
  4. 思い込み
  5. 長年 不調だった人も
  6. 柔らかい頭
  7. 癒し処

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP