Loading

ブログ

「伝えた」と「伝わった」の違い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日、ある会合で、「人にわかってもらうには どうしたらいいか」という話し合いをしました。

何度も言う。個人面談する。書いて貼っておく。などなど、知恵を出し合いました。

そこで、「寿浅さんは どう思いますか。」と順番がきて、これを話したら何時間もかかるなあと思いながら、なるべく短く意見しました。

その人に合った方法で 伝えること。(例えば 見た目を重視する人には 図示するとか)

また、言うだけでなく、感じて「なるほど!」とわかってもらう。(例えば もっとトイレ掃除しなさいと言うなら、汚いトイレのお店と 感動するくらい心のこもった すがすがしいトイレのお店に連れていって 心で感じてもらう  など)

五感を使って 感じて わかる、身に付く、それがNLP(神経言語プログラミング)の いいところなんです。

11月9日(土)10:00~12:00   徳島市のふれあい健康館で 「人間関係を良くする NLP体感セミナー」をします。  たくさんの人に 感じて欲しいです。

(写真は 近くのフジバカマに来たアサギマダラ🦋です)

関連記事

  1. 口ぐせに 気をつけていますか
  2. 金木犀の香り
  3. イメージトレーニングしていますか
  4. 男と女。夫婦だからこそ伝え方がある。
  5. うちのお庭 落ち着きます
  6. 顔が変わる?(^_^)
  7. 傾聴します
  8. 人間関係を良くするコミュニケーションセミナーの感想

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP